開発者向けのWindows 11 Enterprise仮想マシンが公開

S 20211125 95415

Microsoftが、開発者に対し「Windows 11 Enterprise」の仮想マシンを無償公開しています(ZDNet)。

「最新バージョンのWindows、開発者ツール、SDK、サンプルが準備された仮想マシンを使用して、Windowsアプリケーションの構築を迅速に開始できます」との説明が掲載されており、ダウンロードできる仮想イメージには以下のものが含まれています。

  • Window 11 Enterprise (評価版)
  • Windows 10 SDK, version 2004 (10.0.19041.0)
  • Visual Studio 2019 (10/9日現在の最新版) UWP、.NETデスクトップ、Azureワークフローが有効。Windows Template Studio拡張機能つき。
  • Visual Studio Code (10/09日現在の最新版)
  • Windows Subsystem for Linux。Ubuntuインストール済み。
  • 開発者モード有効
  • Windows Terminalインストール済み

仮想マシンの有効期限は2022年1月9日で、VMWare、Hyper-V、VirtualBox、Parallels版の仮想マシンがダウンロード可能となっています。

なおページのタイトルは記事執筆時「get a Windows 10 development environment」と間違えているようです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる