Windows 11 Sun Valley 2に期待できる新機能はこちら

Windows 11 Hero wallpaper 1024x576

Windows 11の次期大型アップデート「22H2」は2022年の夏に一般公開されるとのが流れています。

このアップデートは内部的に「Sun Valley 2」という名前で呼ばれ、Windows 11の初期バージョンの不満点の多くが解消されることが期待されているなか、Windows Latestが、Sun Valley 2に期待される新機能の予想を行っています。

この記事によると、Sun Valley 2(22H2)は、Windows 11をより早く、よりスムーズに、よりモダンにするための重要な改良が加えられ、WinUIがOSにより密接に結合されるとのこと。例えば、ダークモード搭載した新しいWindows Runが登場する可能性があり、新しいネイティブアプリも期待されています。

最も注目の改善点は、現在Windows 11に欠落しているタスクバーのドラッグ&ドロップ機能のサポートで、タスクバーの位置の変更機能についてもMicrosoftは考慮している模様です。実際、プレビュービルドで、レジストリを修正後、タスクバーのドラッグ&ドロップ機能が一部動作するようになったとの報告があり、改良が行われる可能性はかなり高いといえそうです。

その他、スタートメニューの改善も予定されており、より多くのアプリやおすすめをスタートにピン留めできるようになるとのこと。そのほか、Windows Subsystem for Androidや、Windowsのスナップグループ管理機能の改善、設定アプリの改良等が行われるとみこまれています。

またウィジェットに関しては、サードパーティ製ウィジェットがサポートされる可能性があり、サードパーティ製ウィジェットは、新しいOSのアップデートに含まれる新しいAPIを介して提供されると言われています。

スポンサーリンク