今年は何が登場?開催が待ち遠しい「WWDC 2022」壁紙が公開

Wwdc 2022 inspired wallpapers 9to5mac 1

Appleは昨日、開発者会議「WWDC 2022」を6月6日から6月10日にかけて開催することを発表しました。

例年のようにイベントにあわせた公式アートワークが公開されており、今年は黒っぽい背景にSwiftのロゴを配置した落ち着いた雰囲気のデザインが採用されています。このデザインにちなんだiPhone、iPad、macOS用の壁紙が第三者によって作成されています(9to5Mac)。

まず、Parker Ortolani氏は、自身のTwitterで、iPhoneとiPadに焦点を当てた8枚のWWDC 2022にちなんだ壁紙を公開しています。壁紙はiPhone 13 Pro Maxに最適化されていますが、すべてのiPhoneモデルで動作します。

またBasic Apple Guy氏は、公式アートワークを微調整した、iPhone、iPad、Mac用の壁紙を公開しています。

WWDCが待ちきれないと言う方はこれらの壁紙をダウンロードしてみてはいかがでしょうか。