M1 MacのSSDの寿命に不安説?膨大な量のデータを書き込んでいるとの報告

M1 mac mini

TwitterやMacRumorsのフォーラムで、M1 MacのSSDに短期間に非常に大量のデータが書き込まれているという報告が行われていることが分かりました(MacRumors)。最悪のケースではSSDの最大保証可能総書き込みバイト数(TBW)値の10〜13%ものデータが書き込まれていると言われています。

PCやMacで使用されているSSDは、データを安定して書き込むことができる総バイト数が決まっています。ソフトウェアはドライブ上のメモリセルに均等にデータを書き込むように処理を行いますが、それでも限界があり上限を超えるとデータの保持が不安定になってしまうのです。

SSDの消耗は予想される動作ですが、今回のM1 Macのように数ヶ月でTBW値の数%以上ものデータを書き込む状態は異常といえます。なお問題はM1 MacだけではなくIntelベースのMacを使用しているユーザーからも報告されていて、M1に限った問題ではない可能性があります。

今回の問題がM1チップのバグで、本当に大量のデータを書き込んでいるのか、それとも読み取った値に間違いがあるだけなのか、今後の続報が待たれます。