eul - ダークモードにも対応したmacOS用システムモニタリングツール

S 20220303 100244

macOSのメニューバーを利用し、空きメモリやCPUの使用率を確認している方は多いかもしれません。

本日紹介する「eul」も、メニューバーを利用してMacの各種情報を確認することができるモニタリングツールです。MITライセンスを採用したオープンソースソフトで以下のような特徴を持っています。

  • ダークモード対応。
  • Big Surウィジェットに対応。
  • Bluetoothバッテリーレベルの表示。
  • 可能な部分はSwiftUIで書かれている

以下使用方法を説明します。

eulの使用方法

eulはHomebrewを使用してインストールすることができます。

brew install --cask eul

またはGitHubのリリースページからzipファイルをダウンロードして使用することもできます。App Storeからダウンロードすることもできますが、一部機能は使用できないようです。

eul.appを起動すると以下のような画面が表示されます。

S 20220303 100201

▲メニューバーに、CPU使用率や温度、空きメモリ、ファンの回転数、ネットワーク使用状況などが表示され、クリックするとより詳細な情報が確認できるメニュー画面が表示されます。

メニューの右上にある「設定」をクリックすると、表示項目を変更することができます。

S 20220303 101228

▲「コンポーネント」ではメニューバーに表示する項目を選択することができます。

S 20220303 101249

▲「メニュー表示」では、クリックしたときに表示されるメニューに表示される項目を選択することができます。

その他「一般」では言語や、温度単位、フォント、リフレッシュレートなどを変更可能です。

まとめ

eulはmacOS用のメニューバー常駐型システムモニターツールです。同種の有料アプリとしていは「iStat Menus」が有名ですが、無料で十分という方は試してみてはいかがでしょうか。

タイトル eul
公式サイト https://github.com/gao-sun/eul
ソフトアンテナ https://softantenna.com/softwares/7675-eul
説明 macOS用のシステムモニタリングツール。