【朗報】Windows 11のファイルエクスプローラーのタブ機能はRAMの使用量の削減にも期待

S 20220611 94846

Microsoftが現在開発中のWindows 11の次期機能アップデート「Sun Valley 2(22H2)」では、待望のファイルエクスプローラーのタブ機能が搭載されます。新しいファイルエクスプローラーはタブによって、複数のフォルダを切り替えて作業する際の効率が向上することが期待されているほか、サイドバーのナビゲーション機能の整理も行われる予定です。

タブ機能をサポートしたファイルエクスプローラーは現在、Windows 11 Insider ProgramのBeta/Devチャンネルに提供されていますが、この新機能を使用した場合でも、RAMの使用量は最小限しか増えないことが分かりました。

Windows Latestの報告によると、タブ機能付きのファイルエクスプローラーを起動した場合、既存のファイルエクスプローラーと比較して数MBのRAM使用量が増えるだけだったとのことです。

ファイルエクスプローラーの複数のインスタンス、ウィンドウを開いていた場合を比較すると、リソースの使用量を減らし、コンピューターのRAMを有効活用できるようになることが期待されます。

タブ機能は今後、Windows 11 Insider ProgramのRelease Previewチャンネル、製品版のWindows 11 22H2へと段階的に公開されていくと見込まれますが、この間にMicrosoftがファイルエクスプローラーのタブ機能の改良や、メモリ使用量の削減をさらに進める可能性もあります。

S 20220613 100003

Microsoftはまた、ファイルエクスプローラーのサイドバーの刷新も進めており、「ホーム」、「OneDrive」、各種ユーザーフォルダ、「PC」などの各メニューの整理を行っています。

スポンサーリンク