Google Driveがキーボードショートカットに対応、カット・コピー・ペーストが場約実行可能に

S 20220527 94635

Googleは5月26日(現地時間)、Google DriveのWeb版で、ファイルを効率的に操作するためのキーボードショートカットをサポートしたことを発表しました(9to5Google)。

キーボードショートカットはChromeでのみで利用可能で、Ctrl+C(Macの場合Command+C)、Ctrl+X、Ctrl+Vを使用して、コピー、カット、ペーストが実行可能となります。またフォルダ内でCtrl+Shift+Vを押すと、ショートカットを作成することもできます。

さらに、Ctrl+Enterを押すと、ファイルやフォルダを新しいタブで開くことができるようになります。複数のタブを使用して、複数のファイルを一度に見たり、2つの異なるフォルダ間のファイルを簡単に整理したりすることができるようになります。

Google Driveの新しいキーボードショートカットは、Google Chromeでのみ動作し、本日から順次提供され、今後数週間で完全に利用できるようになる予定です。Google Workspaceのユーザーと、Googleアカウントを所有する個人ユーザーが対象です。

スポンサーリンク