Apple、開発者泣かせのiCloud同期問題をようやく修正

  • URLをコピーしました!

S 20220125 95746

Appleが昨年11月以降継続していたiCloudサーバーの問題を修正したことが分かりました(MacRumors)。

iCloudの同期バグは昨年11月下旬から12月上旬ごろににかけて始まったとされており、開発者にとっては大きな頭痛の種となっていました。iCloud同期の問題を経験したアプリのユーザーは、それがApple側の問題であることを知らないため、開発者に責任があるとみなしてしまうためです。

問題が発生するとiCoudサポートを組み込んだアプリで「Request failed with http status code 503.」というエラーメッセージが表示されるそうですが、この不具合が修正された模様です。

「最近のiCloudの同期問題について、Appleから非常に親切で詳細な回答があり、503エラー/同期失敗の原因となる根本的な問題が修正されたことがわかりました」とのこと。

ただし、ほとんどの開発者は、同期の問題がほぼ解決されたと述べていますが、まだ問題が発生しているとのコメントも存在するため、Appleがさらなる対策を行わなければならない可能性もあると考えられます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる